相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

離婚問題に関する基礎知識

配偶者の戸籍と性

離婚した場合、夫婦の戸籍は別々になります。その際、筆頭者(もともとその性を名乗っていた側)はそのままの戸籍ですが、筆頭者でない配偶者のほうは戸籍から抜けることになります。

 

戸籍を抜ける側は離婚後、
①結婚前の戸籍に戻るか(結婚前の本籍地の住所を離婚届に記入)
②新しい戸籍をつくるか(新しい住所地を離婚届に記入)
を選択することができます。

 

新しい戸籍をつくる場合は、①旧姓 ②結婚時の性 のどちらかを選ぶことができます。

 

結婚時の性をそのまま名乗る場合は、
①新しい戸籍をつくり、
②「役所で離婚の際に称していた氏を称する届」を入手し、
③住所地または本籍地の役所に提出します。
本籍地以外の届出では戸籍謄本が必要になりますが、離婚届と同時に提出する場合には必要ありません。なお、提出期限は離婚から3か月以内で、期限内は相手方の同意、変更理由は問われません。

 

●届出後、期限後の変更

「離婚の際に称していた氏を称する届」を届け出た場合、簡単には旧姓に戻ることができなくなります。結婚時の性を継続する選択は慎重に行って下さい。

また、期限後に、離婚時に選択した性を変更する場合には家庭裁判所の許可が必要になります。