相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

離婚問題に関する基礎知識

子どもの戸籍と性

両親が離婚した場合でも、子どもの戸籍と性は変わりません。例えば、父親が戸籍の筆頭者(もともとその性を名乗っていた側)であった場合、母親が親権者として子どもを引き取っても、子どもは父親の戸籍に入ったままです。この際、母親が旧姓を選択すると、子どもとは同居しながら別々の性、戸籍となります。なお、母親が結婚時の性を選択した場合には戸籍のみが異なります。

※「配偶者の戸籍と性」のページをご参照下さい。

 

●子どもの戸籍、氏(性)の変更

離婚で戸籍から抜けた配偶者が、子どもを自分と同じ戸籍、性にする場合は以下の手続が必要になります。

 

①新しい戸籍をつくる
自分を筆頭者とする新しい戸籍をつくります。

 

②子の氏の変更許可を申し立てる
子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に申し立てをします。子どもの戸籍と①の戸籍の謄本が必要になります。なお、申し立てができるのは親権者と本人のみです。

 

③新しい戸籍のある役所で手続をする
家庭裁判所の許可を得たら許可審判書の謄本をもらい、同籍する旨の入籍届(役所で入手)と一緒に提出します。

 

氏の変更をした子どもは、成人してから1年間、現在の戸籍か生まれた時の戸籍に変更することができます。なお、この変更の届出には家庭裁判所の許可は不要です。また、自分を筆頭者として新たな戸籍をつくることもできます。