相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

相続・遺言・離婚に関する書式集

内容証明郵便とは?

相手が話し合いに応じない、相手が約束を守らないという場合は、真剣な申し入れであることを示す意味でも内容証明郵便による請求が有効です。

内容証明郵便とは、いつ、誰が、誰に宛てて、どのような内容の手紙を出したかを郵便局が証明してくれるものです。

法的な強制力はありませんが、発送した証拠として残すことができます。また、書き方によっては相手の心理に様々な影響を与えることが期待できますので、問題がスムーズに解決する場合もあります。

 

【書き方】郵便局を利用する場合
①縦書きの場合は、1行に20字以内一枚に26行以内で書きます。用紙に制限はありませんが、同文のものが3通必要(コピーしたもので可)になります。また、記載用具は問われませんので、手書きでもパソコンでも構いません。

※用紙については、(株)日本法令等の業者が「内容証明書用紙」などと名付けて販売しています。

 

②横書きの場合は、1行20字以内で1枚26行以内、1行13字以内で1枚40行以内、1行26字以内で1枚20行以内の3パターンで作成できます。

 

③使用できる文字は、かな(ひらがな、カタカナ)、漢字、および数字です。数字は123の算用数字、一二三(壱弐参)の漢数字が使えます。

 

英字は、氏名、会社名、地名、商品名等の固有名詞にのみ使用できます

 

⑤かっこ書きは()、「」、で一字計算ですが、文中の序列を示す記号として認められるものに限って(1)の表記でも一字と計算されます。
例) 貴殿は右(2)の期限が過ぎても→13字

 

⑥かっこは、上(横書きの場合は左)のかっこのある行の字数に含めて計算します。

 

⑦句読点、その他一般に使用される記号は1字として計算します。
例) %→1字 ㎡→2字  →2字 NO.→3字


⑧用紙が2枚以上になったときは、用紙と用紙をホッチキスやのりなどで綴じ、そのつなぎ目に差出人の印鑑を押します(契印)。印鑑は認印でも構いません。

 

⑨訂正の仕方についても定められた方式があります。詳しくは記入例をご参照下さい。訂正印も契印と同様に必ず押さなくてはなりません。差出人の印鑑、契印、訂正印は同じものを使用して下さい。

 

差出人と受取人の住所氏名の記載は必須ですが、標題(タイトル)、時候のあいさつ、通知人・被通知人等の肩書きなどについては自由に記載できます。威厳をもたせたい、あたりをやわらかくしたいなど、出す内容の性質によって使いわけるようにするといいでしょう。なお、敬称や謙称については通常の手紙を書く場合と同様です。

 

⑪封筒は、市販のものを使用します。封筒の表と裏に、受取人・差出人の住所氏名を記載しますが、その住所氏名は内容証明郵便に書いてあるものと同じに書きます。宛名書きは手書きでなくても構いません(印刷・宛名ラベルなど)。

 

⑫内容証明郵便には、手紙以外のもの(写真や資料など)は同封することができません。

 

【出し方】

内容証明郵便の取扱いのある郵便局に、手紙、封筒、印鑑(訂正印)、郵便料金をもっていきます。郵便局で手紙の内容を確認しますので、封筒には封をしないで下さい

※のりは郵便局にあることが多いですが、念のために持参してもいいでしょう。

 

②窓口に配達証明付で内容証明郵便を送りたい旨を告げ、審査を受けます。この審査に合格すると、内容を証明した旨の記載・通信日付印が3通の手紙それぞれにされます。この認証等の確認は必ず行って下さい

配達証明の依頼は必ずして下さい(内容証明郵便だけでは相手に届いたことの証明ができません。)

 

③認証等の作業が終わると、3通のうち1通を封筒に入れて封をし、郵便局員に提出します。残りの2通は、郵便局保管用と差出人控えになります。このときに「書留・配達記録郵便物等受領証」が発行されますので大切に保管をして下さい

 

④配達証明付にすると、1週間ほどで郵便局から「郵便物配達証明書」が届きます。内容証明郵便がいつ配達されたかの証拠になりますので、大切に保管をして下さい

 

ご注意!

内容証明郵便には相手方を心理的に動揺させ、威圧する効果があります。これが有効に働く場合もありますが、相手方との関係や状況によっては逆に関係を悪化させる原因ともなりかねません。

また、全てを証拠として残すことができることも内容証明郵便のメリットの一つですが、手紙の内容によっては自分にとって不利な内容のものを証拠として残してしまう場合もあります。

全てのトラブルに対して有効に働くものではないことをご理解いただいた上で、
相手方の性格や今後のお付き合い、手紙の内容、文言等を十分に考慮してご利用されることをお勧めいたします。

 

その他、ご不明・ご不安な点などございましたら当事務所までお問い合わせ下さい。

 

【内容証明書式例】

⇒<離婚問題>慰謝料請求の内容証明書式例