相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

相続・遺言・離婚に関する書式集

離婚届

離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚などの方法がありますが、どの方法によっても離婚届は必要になります。

 

【提出時期】

①協議離婚
離婚届が受理された時点で離婚が成立します。離婚前(婚姻中)の姓を名乗る場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届」を併せて提出します(離婚後3か月以内)。なお、届出の際には、届出人の本人確認(運転免許証やパスポートなどの提示)が必要になります。
※戸籍と姓の変更のページをご参照下さい。

 

②協議離婚以外
それぞれの手続が成立・確定した日(裁判が確定した日など)から10日以内他の必要書類と併せて離婚届を提出します。
※判決離婚のとき,判決の謄本と確定証明書・各1通
  調停離婚のとき,調停調書の謄本・1通
  審判離婚のとき,審判書の謄本と確定証明書・各1通

 

【提出先】

いずれの場合も、届出人の本籍地か住所地の役所等に提出します。別居中の場合は夫婦いずれかの住民票がある役所等に提出します。なお、本籍地以外の役所等に提出する場合は夫婦の戸籍謄本が必要になります

 

【離婚届記入例】(法務省ホームページより参照)

(1)氏名の欄には、婚姻中の戸籍の筆頭者の名前を先に書きます
(4)戸籍の筆頭者でない側は、離婚後の戸籍を選択します。新しく戸籍を作る場合には、旧姓、婚姻中の姓のどちらかを選ぶことができます
(5)未成年の子どもがいる場合は、離婚後の親権者を決めていないと離婚届は受理されません。
協議離婚の場合には、「届出人」の欄には夫婦双方の署名・押印が必要です。協議離婚以外の場合には、離婚の請求者の署名・押印のみでかまいません。

協議離婚の場合には、書面右側の「証人」の欄に成人の証人2名の署名・押印が必要になります。協議離婚以外の場合には不要です。