相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

相続手続・相続問題に関する基礎知識

代襲相続とは?

相続人となる人が、相続の開始以前(同時も含みます)に死亡などの理由によって相続権を失っているときは、その人の子供や孫が相続人となります。これを「代襲相続」といいます。

代襲相続

上のように、子供の一人が死亡などの理由により相続権を失っている場合は、その子供の更に子供(孫)が、母親、他の2人の子供と一緒に相続人となります。

 

●代襲相続できる範囲

①子や孫などの直系卑属…無限に代襲相続が認められています。

②兄弟や姉妹…その兄弟や姉妹の子供(被相続人の、おい・めい)までしか認められていません。

③相続放棄をした人の子…代襲相続はできません。

 

●養子縁組と代襲相続

①養子縁組前に生まれた養子の子供(連れ子)

代襲相続はできません。

②養子縁組後に生まれた養子の子供

代襲相続ができます。ただし、養子縁組後に生まれた子供であっても、養子が離縁(養子縁組を解消すること)している場合は、代襲相続はできません。

 

●相続欠格・廃除と代襲相続

相続欠格とは、ある理由(故意の殺人など)によって相続権を失うことをいいます。また、廃除とは、ある理由(被相続人に対する虐待など)により推定相続人(相続人となることが予定される人)から遺留分(遺産の最低取り分)をうばい、相続権をなくすことをいいます。

①欠格・廃除のときに存在した子供

代襲相続をすることができます。

②欠格・廃除のあとに生まれた子、または養子縁組をした子供
いずれも代襲相続をすることができます。

※相続欠格と廃除については、相続欠格と廃除のページ、遺留分については遺留分のページをご参照下さい。