相続手続・遺言書作成・離婚問題に関する基礎知識集

相続手続・相続問題に関する基礎知識

法定相続分とは?

●法定相続分とは

遺言による相続分の指定がない場合に、民法によって定められる相続分のことを言います。

 

●相続順位

相続人となる順番は以下の通りです。まず、第一順位、それがいなければ第二順位、それもいなければ第三順位となります。また、配偶者は常に相続人となります。

 

 第一順位:子※1 配偶者は
常に相続人
 第二順位:直系尊属※2
 第三順位:兄弟姉妹※3

 

※1 子が死亡などによりいない場合、孫や曾孫などの直系卑属

※2 父母や祖父母(父と祖父母が健在の場合は父のみ)

※3 兄弟や姉妹の子(被相続人の甥姪)まで

 

●相続人と相続分

①第一順位の相続人(子)と配偶者→子が2分の1(複数人いる場合は2分の1を等分)、配偶者が2分の1。

※母親との母子関係は分娩の事実によって当然に認められるため原則として認知は不要とされていますが、父親との法的父子関係を成立させ相続人となるには父親の認知が必要となります。

※子には養子も含まれ、相続分は嫡出子と同じになります。

 

②第二順位の相続人(直系尊属)と配偶者→直系尊属が3分の1(複数人いる場合は3分の1を等分)、配偶者が3分の2。

※養父母も直系尊属となります。

 

③第三順位の相続人(兄弟姉妹)と配偶者→兄弟姉妹が4分の1(複数人いる場合は4分の1を等分)、配偶者が4分の3

※父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹(異母兄弟など)は全血の兄弟姉妹の2分の1。