信託設立について

⇒「信託設立」トップへ戻る

ご相談事例

case1.遺言信託
『受益者連続型信託の利用を想定した相続・財産承継』

相談者:ご主人様(多数の不動産を管理する地主)
ご要望
[1]夫婦に子どもがいないため、自分が亡くなった場合には、財産を生存配偶者となる妻の生活保障のために残したい。
[2]妻が亡くなった後、自分の財産は妻の相続人には相続させずに自分の甥に承継させたい。
ご懸念:不動産を含む相続財産の管理を妻が行うことは難しい。

case2.遺言信託
『信託財産として保険金・退職金等の金融資産の活用を想定した相続』

相談者:ご主人(ご両親、配偶者は既に死亡している)
ご要望:自身が重篤な病気に罹患したため、遺言書の作成を検討している。相 続人として子どもが2人いるが、それぞれの子どもの生活保障として自分の遺産を活用したい。
ご懸念
[1]2人の子どもがまだ学生であり、全ての遺産を一度に渡すことに不安がある。
[2]2人の子どもが一定の年齢に達するまで安定した生活が送れるよう、可能であれば自分の遺産を計画的に活用させたい。

case3.遺言代用信託
『受益者連続信託の活用を想定した相続・財産承継』

相談者:ご主人
家族構成:妻(専業主婦)、長男(会社役員)、長女(無職)
ご要望
[1]自分にもしもの事があった場合、収入のない妻と長女が安心して生活できるようにしたい。
[2]長男は上場会社の役員であり収入面での心配がないため、法定相続分以下で相続させたい。
[3]認知症などによって、生存中に自身の判断能力が減退することにも備えたい。
ご懸念:妻、長女ともに財産を管理する能力に不安があるため、一括で財産を与えることに不安がある。

case4.遺言代用信託
『任意後見制度と併用での活用を想定した信託』

相談者:ご主人
家族構成:妻のみ
ご要望
[1]任意後見人として妻の姪に就任してもらうことになっているが、任意後見人の負担をできるだけ軽減したい。
[2]任意後見人には「日常的な財産管理」と「身上監護」に専心してもらいたい。
ご懸念:任意後見人の財産管理・運用能力には一抹の不安が残る。

※ご依頼の際はお見積もりを提示させていただきますのでご安心下さい。