信託設立について

本ページでは、「信託を利用した相続対策」を中心に、以下に記載する様々な信託について解説しております。

「信託に関する基礎知識」のページもご参照下さい。

◆ 福祉型信託(ご高齢者様や障がいをお持ちの方の財産管理や生活保障)
◆ 遺言代用信託(生前信託)
◆ 後継ぎ遺贈型の受益者連続信託
◆ 死後の事務の信託(債務の支払、葬儀、永代供養など)
◆ 養育費の信託
◆ 事業承継(事業信託・株式の信託)

例えば、自分では財産を管理する能力がない、あるは乏しいといった方々(幼少のお子さんや浪費癖のある方など)に対して遺産を与えても、通常の遺言では遺産を一括で与えてしまうため将来的に不安が残ります。

しかし、財産管理に長けた者に遺産を託し、不安のある方々に対して安定的な金銭等の給付を行ってもらうことができればこの不安は解消します。これが、信託を利用した相続、あるいは財産承継の典型例です。

今後は「遺言による相続」や「成年後見制度」を補完するもの、あるいは、これらに代わる制度として活用されることが期待されております。

当事務所では、相続・財産承継を中心にこれまで「遺言による相続」や「成年後見制度」などでは解決しえなかった問題を解決しうる手段の一つとして、信託の設立をご提案させていただいております。ご興味ございましたらお気軽にお問合せ下さい。

当事務所で出来ること

当事務所では弁護士・司法書士・税理士等の様々な専門家と提携して業務を遂行させていただいておりますので、相続・財産承継に関する様々なお悩みやお困り事にご対応させていただくことが可能です。

また、業務によっては適切な専門家をご紹介させていただくことも可能でございます。「何から始めてよいのか分からないなど」お悩みの際は、まずは当事務所の"相続・財産承継相談"をご利用下さい。