相続手続について

⇒「相続手続き」トップへ戻る

こんなお悩みないですか?

土地や建物など不動産の名義変更(名義の書き換え)

被相続人(お亡くなりになった方)名義の土地や建物がある場合には、これら不動産の名義変更のお手続きが必要になります。

相続人がたくさんいるような場合にはかなり複雑なお手続きとなる場合もございますので専門家のご利用をご検討下さい。

当事務所では司法書士との提携によりこれらのご相談にもワンストップでご対応させていただいております。登記申請業務等、他仕業との提携が必要な業務につきましては、弁護士・司法書士等の適切な専門家がお手続きしますのでご安心下さい。

預貯金の解約(払戻)、名義変更(名義の書き換え)

銀行などの金融機関は、預貯金の預入をしている方がお亡くなりになったことを知るとその口座を凍結します。

この凍結をされた状態から相続人の方が預貯金の払戻を受けるためには、被相続人名義の口座の解約、あるいは、名義変更をする必要があります。

特に、ローンや光熱費の支払い口座となっている場合、多額の負債の返済や支払いなどに充てたい場合などは早めのお手続きが必要となるご事情もあるかと思います。お急ぎの場合やご不安がある場合には専門家のご利用をご検討下さい。

※これらの他にも保険金や共済金など相続財産には様々なものがあります。払戻請求や名義変更などでお困りごとなどございましたらお気軽にご相談下さい。

 

(一般的に発生しやすい相続財産)

  • 現金や預貯金
  • 土地や建物などの不動産
  • 借地権・借家権などの土地・建物の利用権
  • 自動車やオートバイ
  • 保険や共済
  • 株式や国債・社債などの有価証券
  • 電話加入権