遺言書作成について

⇒「遺言書作成」トップへ戻る

必要なお手続き

遺言方式の選択

遺言の方式には大きく分けて普通方式と特別方式があります。普通方式の遺言は更に自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言に分類されます。なお、遺言書のほとんどは普通方式で作成されます。

※特別方式の遺言については「よくあるご質問」をご参照下さい。

推定相続人の調査

誰が相続人となりうるのかを確認する必要があります。推定相続人の調査により、「どのような遺言書を作成すべきか」が明確になります。

相続財産の調査・目録の作成

遺言者(遺言書を作成される方)名義の財産を調べる必要があります。現金や預貯金、不動産や株式などの積極財産(プラスの財産)ばかりでなく、ローン債務や買掛金などの消極財産(マイナスの財産)にも気を配らなくてはなりません。

相続税の確認

法定相続人と相続財産を確定した後は相続税の課税の有無についても検討しましょう。基礎控除や特例(配偶者に対する相続税額の軽減、小規模宅地等の課税の特例など)、非課税財産や債務控除の有無などを確認する必要があります。

なお、相続税の課税対象者は全体の4~5%程度になるそうです(現行制度のもと全国的な統計でみた場合)。

遺言書の作成

選択した遺言方式に従って遺言書を作成します。