遺言書作成について

⇒「遺言書作成」トップへ戻る

ご相談事例

case1.家族円満な相続を考えた遺言例

妻や子どもに不動産(土地・建物)や金融資産(預貯金など)を相続させる様な場合

case2.遺留分に配慮した遺言例

非行が著しい子どもに財産を相続させたくないような場合

case3.身寄りがない方の遺言例

知人・友人などに財産を遺贈するような場合

case4.子どものいない夫婦の遺言例

○残される配偶者に財産の全てを相続させるような場合
○相続人とはならない者(後順位の相続人、内縁の妻など)に遺贈するような場合

※ご依頼の際はお見積もりを提示させていただきますのでご安心下さい。